Tiktok 動画まとめ

『仮想通貨で300万円を溶かしてしまった事から始まった物語』                                アフィリエイトを目指すも即挫折。。。YouTube動画で利益をあげれるか挑戦するブログ

TIKTOK 仮想通貨

仮想通貨女子

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、デジタル通貨の一種で紙幣や硬貨といった形が存在しないものである。 開発者によって発行・管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。 なお、ビットコイン(BTC)など開発者によって発行・管理されていないものが存在する。 本来、オンラインゲームなどで使用されている通貨も仮想通貨であるが、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれるようになった。

TIKTOK カオナシダンス

カオナシ

黒い影のような物体にお面をつけたような存在。 言葉は話せず「ア」または「エ」といったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。 コミュニケーションが取れないため、他人を呑み込んで声を借りる。 その際はお面の下にある口腔から話す。 普段は直立歩行だが、湯屋の従業員の青蛙を取り込んで巨大化した後は4足歩行に変わった。 相手が欲しい物を手から出す力を持ち、それを手にした瞬間にその人を飲み込んでしまう。 ただし、それは土くれが変化したものに過ぎない。 橋の欄干で千尋を見かけたときから彼女を求めるようになり、喜んでもらいたい一心で番台から薬湯の札を盗み、千尋に差し出した。 オクサレ様の一件の翌日に油屋に現れ、砂金を餌に従業員達を丸め込み、大量に料理を作らせて暴飲暴食し巨大化した。 千尋にも砂金を差し出したが断られ、兄役がやってきて説明すると逆上し次々と湯屋の従業員の兄役と蛞蝓女を飲み込んでいきさらに肥大化していく。 その後千尋を呼び出し、対面するが彼女に拒絶され、更にニガダンゴを食べさせられ嘔吐すると同時に怒りで暴走し、千尋を追いかけている途中に飲み込んだ3人を全て吐き出し、元の姿に戻る。 戻った後は大人しくなり、千尋について銭婆のところへ行き、そのままそこに留まることになる。 英語版での名前は"No-Face"。

TIKTOK キャバ嬢

キャバ嬢

語源はフランス語由来の「キャバレー」(cabaret)と、英語由来の「クラブ」(club)を合成した造語で、和製外来語である。 キャバレーのような明朗な時間制料金で、クラブの高級感を合わせ持つことを意図した。 1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された。 当初は「3回通えば、店外デート」がセールスポイントであった。 料金が時間制である点がスナックや高級クラブと異なる。 これまでのキャバレーより小規模な店舗面積で多くの店舗が誕生した。 業界の成熟、店舗数の飽和が見られた1990年代後半以降は都市部の繁華街以外にも郊外への出店も見られている。 女性従業員(キャバ嬢・キャスト)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」など、感情労働を求められる。

TIKTOK ホストクラブ

#ホスト 男性従業員が女性を接待する社交飲食店である。 『ホストクラブ』という名称は和製英語であり、「客を接待する男性の主人」を意味する「ホスト」(host)と、社交団体を意味する「クラブ」(club)を合わせた造語である。 『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』(以下、風適法という)第2条の定める風俗営業のうち接待飲食等営業の2号営業の社交飲食店に該当する。 基本的なサービスは、女性客と飲食をともにしながらの歓談、給仕、カラオケなどである。性的サービスは許されていない。 男性従業員(ホスト)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分で酒を飲ませる」など、『感情労働』を求められる。高収入のホストが度々メディアで紹介されているが、ホスト業界は給与・待遇など全ての部分で完全な成果主義に基づく厳しい世界であり、人間の入れ替わりが激しい(この業界では「飛ぶ」という言葉が日常語である)。 男性が女性を接待する類似の業種に『メンズキャバクラ』がある。 メンズキャバクラは時間料金制を採用する点と、ホストの指名替えが可能である点でホストクラブと異なる。

Tik tok one piece

ワンピース

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。 夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。 また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。 2018年9月現在、単行本は第90巻まで刊行されており、『週刊少年ジャンプ』歴代作品の中では『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1976年 - 2016年)に次ぐ長期連載となっている。国内累計発行部数は2017年10月時点で、日本の漫画では最高となる3億6000万部を突破している。 また、第67巻は初版発行部数405万部[4]、第66巻は初動週間売上227万5000部[5]の国内出版史上最高記録を樹立するなど、出版の国内最高記録をいくつも保持している。 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。 本作とともに長年ジャンプの看板作品であった『NARUTO -ナルト-』同様、海外での人気も高く、海外では翻訳版が42以上の国と地域で販売されており、海外でのコミックス累計発行部数は2017年10月時点で7000万部を突破しており、全世界の累計発行部数は2018年7月時点で4億4000万部を突破している

Tik tok one piece

ワンピース

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。 夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。 また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。 2018年9月現在、単行本は第90巻まで刊行されており、『週刊少年ジャンプ』歴代作品の中では『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1976年 - 2016年)に次ぐ長期連載となっている。国内累計発行部数は2017年10月時点で、日本の漫画では最高となる3億6000万部を突破している。 また、第67巻は初版発行部数405万部[4]、第66巻は初動週間売上227万5000部[5]の国内出版史上最高記録を樹立するなど、出版の国内最高記録をいくつも保持している。 2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。 本作とともに長年ジャンプの看板作品であった『NARUTO -ナルト-』同様、海外での人気も高く、海外では翻訳版が42以上の国と地域で販売されており、海外でのコミックス累計発行部数は2017年10月時点で7000万部を突破しており、全世界の累計発行部数は2018年7月時点で4億4000万部を突破している